インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター飯山大輔のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター飯山大輔のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 未分類 > 影響力

影響力

  • 投稿日:2015-11-30(月)21:46
  • 最終更新日:2015-12-01(火)22:27

インストラクターをやっていて、すごく感じる事。

【インストラクターという仕事は、すごく影響力があり、良い影響も悪い影響も与えてしまうという立場である。】

今までインストラクターをやってきて、レッスンに参加していたメンバーさんが、インストラクターにチャレンジをしたり、エアロをやっていた人がランニングを始めたり、逆も然り。

何が言いたいかと言うと、包丁は極上に美味しい料理を作る道具だけど、使い方を間違うと殺めてしまう危険な武器となる。

扱う人の気持ちや想いで、極上な料理か殺めてしまう武器にもなるなら、インストラクターと言う手段を使って、いい影響も悪い影響もその人次第。

いかにfor meではなく、for youの精神でいられるか。

最近参加させてもらったクラブ研修で、テーマに出ていたホスピタリティ。

実は、この研修前に偶然読み返していた【9割がバイトでも、最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ】という本を読んでいて、たくさん共感する事が出来て、インストラクターの立ち位置というか姿勢がすごく参加者に影響を及ぼすのかなと。

サービス精神ではなく、ホスピタリティマインド。

サービス業という言葉に違和感をずっと感じていていた自分に取って、すごくしっくりと来た話でした。

なぜ、この話をしたかと言うと、今日のとあるレッスンで、このエピソードに合うような出来事があり、僕の一言や行動によって、フィットネスを辞めようかなって思っていた方に、もっとフィットネスをやってみたいって感じてもらえて、続けるモチベーションになったそうです!!

改めて、インストラクターという影響力の凄さと怖さを感じた今日この頃。

まだまだ未熟な身ではあるけど、人間力の高いホスピタリティマインドを持ったインストラクターでいたい。

少し真面目な投稿でした。

Daisuke

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > 未分類 > 影響力

カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
リンク
  • Fit-i Live
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る